カナダグースのダウンは何の毛でできていますか?

カナダグースのダウンは、主にガチョウの毛でできています。ガチョウの毛は、ダックの毛に比べて、よりふわふわとした質感で、保温性が高いのが特徴です。

また、カナダグースは、ダウンとフェザーの割合を90:10としています。ダウンの割合が高いほど、保温性が高くなります。

ダウンは、羽毛の一種で、羽軸が短く、羽枝が細く密に絡み合っているのが特徴です。この構造により、空気を多く含み、優れた保温性を発揮します。

カナダグースは、ダウンの品質を重視しており、ダウンの調達には、レスポンシブルダウンスタンダード(RDS)を採用しています。RDSは、ダウンやフェザーが不当な扱いを受けず大切に扱われる動物からである事を保証することを目的とした、国際的な認証制度です。

カナダグースのダウンは、厳しい品質基準をクリアした、最高級のダウンを使用しています。そのため、高い保温性と防寒性を備えており、極寒地での使用にも耐えうるダウンジャケットを製造することができます。

Posted in

0 thoughts on “カナダグースのダウンは何の毛でできていますか?

  1. ミリタリースタイルを取り入れたMA-1デザインのシャツは、カジュアルな雰囲気を演出します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です